訪問者916257
since 2014.7
あいさつ
             

                                                                                                  
 令和3年度の始まりに          校長 栗原敏枝

みなさん、こんにちは。令和3年度がスタートしました。

今、世界は混沌の中にあります。子供たちのみならず、私たち大人も、これまで経験したことのない事態に直面し、戸惑うことも少なくありません。

ですが、学校は、どんなときも、子供たちと保護者、地域の皆様の心のよりどころでありたいと切に願います。状況の変化に敏感になりながら、今できること、しなくてはいけないことをしっかり見極め、粛々と教育活動を進めてまいります。どんな時代にあっても、安心安全の中で、健やかに子供たちを育てていくことが今、学校に強く求められていると思います。新しい年度の初めに,学校の使命を再確認しました。

「教育の道は家庭の教へで芽を出し,学校の教へで花が咲き,世間の教へで実が成る」と説いた幡羅高等小学校跡地を校区にもつことを誇りに、「子供が通いたくなる学校、保護者の皆様が子供を通わせたくなる学校、地域の皆様が誇りに思う学校」であり続けることができるよう、職員一同、誠心誠意、努力していく所存です。

本年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

経営方針と重点目標